長く住む家だからこそ新築一戸建てにする価値あり

湘南の住宅都市として

住宅模型

住みやすさの追求

都心に電車で約一時間程度と条件が良く、交通の利便性が評価されて注目されている藤沢市ですが、藤沢が注目される理由はそれだけではありません。教育や福祉に積極的な行政サービスや、買い物やレジャーにも困らない都市としての発展なども影響を齎しています。また、相模湾に面していることで海も近く、それでいて公園なども多くて緑や自然と接する機会も多い環境が好まれる理由となっています。それゆえに便利さと住みやすさが見事に共存しているエリアであり、しかも土地や不動産の数も豊富で入手しやすいところも利点となっています。これらの総合的なメリットの多さから不動産業界でも藤沢の物件は注目度も高まる傾向にあり、ファミリー層などからの熱い視線が注がれています。

場所によって

住みやすいさまざまな条件がそろっている藤沢市ですが、藤沢といってもその場所によって土地や不動産価格は変化しますし、住みやすさの条件や環境も異なります。駅から離れれば住宅街が広がっており、土地も広くて価格的にも手が届く範囲となっています。また南側の場合は海に近付くために平坦な土地となっていますが、北側は高台になっているため、北側の方が住宅数も少なく土地価格も低い傾向にありますが、防災といった意味では高台ゆえに津波などのリスクも低いため、北側にもメリットがあります。このような土地の特性は、地域に根差した専門業者が持っていることもあります。戸建てを建てるためには良い土地が必要となります。地域の専門業者とやり取りをして、住みよい物件の構築を目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加