長く住む家だからこそ新築一戸建てにする価値あり

住宅模型

湘南の住宅都市として

神奈川県藤沢市は昨今開発が進行し、住みやすさと交通の利便性が重視され、住みたい街として人気の高いエリアとなっています。それゆえに土地価格も湘南エリアの中では高めですが、都心部と比較すればそれでもリーズナブルなため、移住者も増加しています。

一軒家

戸建てだからできること

南海での戸建てを考えるときには、交通手段が豊富なところや騒音が少ないといった場所を選ぶのが良いです。スタッフが丁寧に対応してくれるところが多いので他の買い手がいても焦らずに考慮してから購入しましょう。また、自分の生活に合った暮らしが行えるのでおすすめです。

室内

中古物件ならではの特徴

茅ヶ崎市では新築と同じくらい中古一戸建てが人気となっています。その理由の一つがリノベーションを行えるということです。設備も内装も間取りも変更可能なので新築と同じくらい快適な生活を手に入れることが出来ます。しかし修繕箇所が多い物件もありますので、購入する際は修繕箇所をよくチェックするようにしましょう。

新築が好まれる立地

インテリア

かつてのベッドタウンも

東京都狛江市では、現在建築ラッシュが続いています。かつて、ベッドタウンとして人気があった狛江も、今は定住希望が増えています。東京都心まで一時間以内という条件に加えて、地価が23区内に比べて1割から2割安いことも理由の一つです。定住希望の人の多くは、新築一戸建てを希望しています。東京都内で新築一戸建てを持てる場所としては、隣接する調布市や三鷹市よりも条件が良いとされています。ただ、狛江市内での新築一戸建て取得は、一頃よりも厳しくなっています。定住希望者が増えるにつれて、土地取得の競争率が上昇しているためです。その一方、マンションについては、建て替えの時期が重なる物件が多くあり、こちらは比較的楽に取得できます。

川崎都民の増加も

狛江市に定住希望が増える背景として、川崎地区で働く人の流入が増える点も見逃せません。多摩川を挟んで川崎という地区には、マイカー族の人の住宅が集まっています。川崎へのマイカー通勤は、狛江からアクセスが良いのです。また、世田谷に通勤する人も似たような傾向が覗えます。そのマイカー族の多くの層が狛江に新築一戸建てを購入するケースが増えています。そのような背景の下で新築一戸建てが増えたため、競争率が激化するのも頷けます。ただ、今後の傾向として、旧家の立ち退きが続く見込みで、そのことによる跡地の利用も視野に入れるべきです。旧家の立ち退きで、大規模な土地の再開発も見込めるからです。狛江市での新築一戸建てを希望する人には、それがチャンスとなることとも十分考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加